--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2017.02.26 22:51


融けかけた雪がふたたび凍るとき余計に寒い余計に冷たい

スポンサーサイト

| 短歌 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2017.01.14 20:21

会いたくて会えない人が会いたくない人に変わって雪が止まない

知りたいと焦がれたままがよかったな 知れば知るほど遠くなった人

気安めを夢には出来ない質だからバクは夢を食べちゃうんだろう

| 短歌 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2016.12.24 00:06

穴なんか放ったまんまでおくせいで向かい風でも割と走れる

ひんやりとただそこにある磁器として(注がれるまで 触れられるまで)

六花六花わたしを吸い込むように来る 六花なんにも消せないくせに
(六花=りっか)

| 短歌 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2016.10.11 20:49

「月がくしゃみをしたから」

だとしてもわたしは有害物質でありたい 地中に眠らされても

だとしても私はもいちど私がいい 枯れない沼がずっとあっても

だとしても想い出よりも涙がいい 今を泣きたい今を抱きたい

だとしたらあなたに何が見えたかな?どこから白線だったの?教えて

だとしたらわたしは毒になりたいよ「いい人」なんて呼ばせる気ないから

だとしても終わりさえもはじまりでしゃがみこんでも時計は進む

ありがとうもごめんもいらない さよならをひとりで綺麗になんかしないで



雪虫を知らない人とつないだ手(もう強くなんかなりたくないな)


| 短歌 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2016.09.26 22:37

| 短歌 | コメント(0) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。