FC2ブログ

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2013.07.24 22:49

乱るればこんなにやさしい夜のある(嘘をお守りなんかにしない)


やはらかな声でまていに拓かれたい(小さく小さくわたしを畳む)


潰しても潰しても甘くなるばかり ミルクの海に沈める


どうしたらそんなふうになれるだろ 真水の温度を思い出したい


まだ逢えてない誰かとかいたらいい わたしを泣かせること不得意な


それは火じゃなくてきっと豆電球 いつでも点くから今はつけない 
スポンサーサイト

| 短歌 | コメント(0) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。