FC2ブログ

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2012.09.04 02:18

~雨が来るまで~

**遠雷の近づいてくる気配して背中の野生を起こしてしまう


**(遠雷の止まぬ真夜中)携帯の灯りがやさしいふりして困る


**ああもっと近づいて欲し遠雷のあの閃光に貫かれたい


**閃光のぎざぎざに手を触れたので野生ばかりが生き残ってる


**また少し近づいてきた遠雷よ わたしは裸心になりすぎそうだ


**見てあげる目を逸らさずに見てあげる 吠えてもいいよ 吠えたらいいよ


**閃光と重なり合えぬ遠雷の遠吠え悲し ここで泣いたら?


**誰のこと思い出したいのだろうか ここにも雨が来たと告げたい


スポンサーサイト

| 短歌 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。