FC2ブログ

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2013.05.19 21:47

わたしよりやわらかな髪もつ人と雨に濡れれば枯れるサボテン


もう何度なぞっただろう輪郭をこんなにやさしいやさしいかたち


おそらくは生まれたのでしょうあなたから こんなことばもささやくわたし


とてもとても正しい場所へ帰る背を見送るわたしはとても正しい


美しいひとの笑顔はしょっぱくて(わたしなめくじ)(じゅわじゅわじゅわわじゅー)


ネエオネガイ今スグダレカコエカケテ 消えたいくらいひとりぼっちよ


あんなには眩しいひとになれなくて(でもいいぜんぶ見つめて欲しい)


遠いから逸らさず想う遠いからぜんぶを開く 満ち潮がくる


だとしてもきっとずっと会えるから(だけど違うの違うんだってば)


少しだけさびしがってくれたなら寂しくないのに(がってくれない)


術としてお仕事します羽のない生きものとして生まれたからは


忘れものしてきたみたい ごめんなさい たぶんあなたの掌のなか


スポンサーサイト

| 短歌 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。